デメリットがない副業の探し方

デメリットがない副業の探し方
    • デメリットがない副業の探し方
    • 普通、皆さんはお仕事探しをされにあたって、まずどのようなことを考えるでしょうか?
      またどのような行動をとりお仕事を探されますでしょうか?

      考えるのはまず稼ぎの面でしょう。
      そして通勤の面に、仕事内容、、、といった感じで、労働対効果のような計算をされつつお仕事を探される事と思います。

      ましてや最近では、パートやアルバイトともなると交通費の支給自体を行わないようなところもあり、この点はお仕事探しの上ではシビアに考えられるところかとも思います。

      そういった諸々の計算をしながら通えるのか?通えなそうか?そこまで苦労して通勤して稼げるのは手取りで考えたらいくら程度なのか?

      通勤時間を考えればロスする時間を考慮に入れて労働時間対で考えた場合に、通勤時間も入れて時給換算したら稼ぎが低すぎないか?などなども考えられたり。

      考えだせばこの点きりがなくなってしまい、なかなか決められないこともあるでしょう。

      さらに、乳幼児や児童などのお子様がいらっしゃる方の場合や主婦という事だけで初めから雇用対象外にされてしまうことも多いかと思います。

      雇用する側は、本来それを理由にしてはいけないのですが、そのような雇用条件を突き付けてそういった女性は実質的に働けないような社会環境というのもまた実際の現実でもあります。

      それではいったいどうしたらよいのか?
      この相談を誰かにすれば、ほとんどの場合に、そんな泣き言を言っても社会がそうなのだから仕方がないというような、聞くだけ無駄の返答が返ってくることでしょう。

      しかし、本当にそうなのでしょうか?

      そもそも、そういった皆さんはどのような求人の探し方をされているのか?というところです。

      求人誌やフリーペーパーなどとネットで検索をするものの、結局は大手の求人広告会社に掲載のある情報からなどではないでしょうか?

      確かにそこで割の良いお仕事を見つけられることも稀にあります。
      しかしながら、ほとんどの場合には思うようなものは見つけられないといったところではないでしょうか?

      それが間違っているとは言いませんが、少し視野を広げて考えてみる必要があるでしょう。

      これまでにも他の記事でいろいろと触れてきてもいますが、まずお仕事の探し方として、自分に出来ることというのを考えてみたことはありますか?

      できることといっても、自分にしかという意味ではありません。
      単に、言葉その通りそのままに「できること」です。

      この視点で考えると、ほとんどの方多少なりとも社会経験を積んでおられる事と思います。
      その時に経験したアレやコレやはそのまま何かのお仕事で生かせる性質のものだったはずです。

      特に、オフィスワークを行ってこられたような方であればなおさらです。

      と、このようにまず出来ることを自覚し探すことで結果的に稼ぎの面にせよ、時間効率の面にせよ、お仕事を決めやすくする面にせよ、たくさんのメリットが生まれるはずです。

      まずこの点を自己認識・自分を把握することでお仕事を決めやすくも決まりやすくもなることを覚えておきましょう。

      お仕事探しを始める前、10分程度、これまでの自分の経験を思い返してみるといったところでしょうか。

      ぜひ一度お試し下さい。

      主婦に人気の副業の
      詳細を見てみる

    • 今日から始めることが出来ます!!
    • パソコンが出来なくても大丈夫ですよ!!スマホで大儲けできる注目すべき仕事、在宅バイトを完全公開☆ パソコンが出来なくてもお金を稼げる好きな時にメールするだけの副収入バイトをお届け中。

      仕事の詳細はこちら

    • 家計を助けるために是非!!運動をしながらでもラグジュアリーな生活を送れる在宅で公式求人でお家で金儲け!! 中途大歓迎!!中途でも毎週バカンス生活♪要チェックの仕事、未体験バイトを完全公開。